メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

洗濯屋事件

メキシコの多くのアパートには洗濯機がなく、また私の住んでる地域では天候が安定しておらず、1日に一回のペースで必ず雨が降るため洗濯物がうまく乾きません。よって、ここに住んでいる多くの人々はLavanderíaと呼ばれる洗濯屋に行って洗濯物を片付けます。これは日本のクリーニング屋とは異なり、日常の洗濯物であるTシャツや下着、ズボン等をメインに扱っています。そして、基本的には洗い、乾燥、そしてその洗濯物を丁寧にたたむところまでやってくれます。

私はメキシコにきた当初から馴染みにしている洗濯屋があり、つい最近までそこを使っていました。なぜなら、他の洗濯屋と異なり、馴染みの従業員さんに頼めば洗濯物を預けたその日に洗いから、乾燥まで済ませてくれかつ使っている機材が新しく綺麗だったからです。値段は少し高いですが、それでも一回五百円程度で一週間の洗濯物が全て片付くのでそんなに負担ではありませんでした。

しかし、10月に入った頃から馴染みの従業員さんがばっくれました。そして下着を洗ってくれない従業員さんだけになりました。困り果てた私は、お金を払うので、洗濯機と乾燥機をコインランドリーのように使ってもいいか?と交渉し、見事その交渉が成立し、ここ三週間ぐらいは今までの倍の時間をかけ、何回も家と洗濯屋を往復しながら、洗濯をしていました。

これで一件落着と思いきや、そうは行きませんでした。下着を洗ってくれない従業員もその後三週間足らずでバックれました。その洗濯屋は馴染みの従業員と下着を洗わない従業員二人体制でやっていたので、その洗濯屋は完全に潰れました。現在シャッターが降りており、洗濯物が残っている人は電話してくださいと言うおそらくオーナーである人からの張り紙がしてあります。

そして、先日行ったことない洗濯屋に洗濯物を預けたのですが、返却された洗濯物に自分の服じゃないものが、八着ぐらい混じってました。さすがメキシコ、、、

メキシコのコンビニは24時間営業でも、、、

私は夜中に出歩く事が全くないので、あまり気がつかなかったのですが、メキシコのコンビニも24時間営業の所があります。日本のコンビニのように本当に24時間人がいて、明かりがついています。最近、早朝に出かける事が多くなりふと、メキシコのコンビニを利用しようとした所、日本の24時間営業とは大分異なっていました。

日本の24時間営業のコンビニであれば、24時間いつでもお店の中に入って、自分で商品を選んで購入する事ができます。

しかしながら、メキシコのコンビニは早朝や深夜などのある一定の時間帯は、ドアに商品の受け取り口がついた、鉄格子のようなものがしており、中に入る事が出来ません。鉄格子の外から近くにいる店員に声を掛けて、商品を取ってきてもらいお金を渡し、またお釣りを持ってきてもらわなければなりません。この作業は正直とても手間ですし、時間がかかります。また、野菜等の一種類しか無いようなものなら口頭で持ってきてもらうのも楽ですが、ペットボトルの水のようなメーカーや大きさがいくつもあるやつは大変です。

そう言うわけで、私はその一回きりしか早朝のコンビニを使っておりません。本当に不便でしたし、朝からイライラしたくありませんから。しかし、メキシコは日本よりも治安が悪く、強盗なども沢山起きているため、恐らく自衛の為には、どうしようもないことなのでしょう。改めて日本の治安の良さや有り難さが身に沁みた一件でした。

 

交換留学帰りという称号に実力が伴わない

私は大学で優種な成績を収め、語学資格をとり、志望理由書や選考試験を通り抜け、また書類を書き、ガイダンスを受け、交換留学生と言う称号を手に入れました。交換留学前は、メキシコで思う存分勉強し、語学力、精神力、知識、体力をつけ交換留学生の名に恥じない人間となって帰ってくるつもりでいました。そして、卒業のためにどの道もう一年大学にいなければならないので、そこで留学で身につけた語学力を活かし、資格試験や大学の授業、できたらアルバイト等でも無双するつもりでいました。DeleでいえばC1までは留学で培った語学力と知識で所得したいと思っていました。

しかしながら、現実はとても厳しいものでした。まず、メキシコの食文化が合わず、毎日の食事がとても嫌なものになりました。味があまり美味しくないんです。それでも生きていくためには腹に入れなければならず、頑張って入れています。三度の食事が生きがいだった私にとってこれは大きなストレスとなりました。また、外食をするとお腹を壊して、下手すると病院送りになってしまうため、生活するので精一杯となってしまいました。さらにメキシコの文化、メキシコ人の人間性も合わず、これもまた大きなストレスになりました。このような問題は、メキシコにいる限り抱えていかなければならない問題なので、逃げ場がありません。生きていくためには、メキシコ料理を、そしてメキシコ人と関わらなければならないからです。その他にも私は根本的な問題をたくさん抱えています。

そして、生きていくだけでこれだけのストレスを抱えているともう勉強どころではなくなってしまいました。帰らないように我慢しているのが精一杯です。留学前はあれだけ勉強しようと考え、知識も詰め込もうと思っていましたが、九ヶ月目を過ごしている私の語学力は上がるどころかむしろ低下してしまい、あれほど留学前に詰め込んでいた知識もほとんど忘れ去ってしまいました。留学することで私は進化するどころか、退化してしまったんです。

しかし、周りや社会は私のことをそうは見てくれないでしょう。交換留学生で約一年の長期留学を終えたのだから、スペイン語はできないはずはないと言う目で見てくるはずです。私の留学状態を話す機会があるとしたって、理解してもらえるかどうかわかりません。多分理解できないでしょう。怠け者と思われるのが関の山です。称号に全く見合わない実力で日本に帰った私はその先どう生きていけばいいんでしょうか?本当に悩ましいです。。。

日本にいる人達に見捨てられてしまったのか、、、

私は辛い気持ちの時、辛いことがあった時、不安な時、TwitterFacebookにその心境や何が起きたのかを書きます。もちろん、私が誰だとわかっている知り合いが見ているので、ここで書くみたいに赤裸々には書かず、少し抑え気味であまり感情的ではない文章で、なるべく心配をかけないような形で、ごくたまーに書きます。

もう私がSNSにそういったことを書く時はかなり限界な時が多いです。どうしようもないから助けてほしい、話を聞いてほしい、そういった気持ちで私は割と切羽詰まった手段として、SNSにネガティブなことを書き込みます。

以前はそうすると、コメントやメッセージのようなものは滅多に来ないものの、いいねとか、なんらかのリアクションがついてくれるので、応援してくれる人達がいるからもう少し頑張ろうと、それが私の励みになり、支えになっていました。リアクションがもらえることで、離れていても繋がっている、一人じゃないと思えるのも大きかったと思います。

しかしながら最近は、コメントやメッセージはおろか、リアクションすら何も来なくなりました。もちろん、両親は心配してくれていますが、それ以外(友人など)からは全くリアクションが来なくなりました。0です。彼らにとっては、憧れの海外留学をして、もう後残り一ヶ月半にもなったのに未だに愚痴ばかりこぼしている私が甘ったれのクソやろうに思えてきたのでしょうか?それとも、同情を通り越して呆れられてしまったのでしょうか?私の事などどうでもよくなったのでしょうか?

まだ家族は私のことを見捨てないでくれるのでありがたいですが、友人が減っていくというのは、とても悲しいものです。おそらく、私がメキシコで感じでいる苦しみなど多くの人には理解してもらえないのでしょう。本当に残念です。私はこれほど歯を食いしばって、我慢しながらメキシコにいるのに。。。もし皆さまの周りに留学で苦しんでいる方がいたら、メッセージとまでは言わないので、せめてリアクションぐらいはしてあげてくださいね。

留学先選びに関する失敗談とその原因

私は学びたい学問があって、前年度までは基準を満たしていなくても、学部の授業が取れていたので、留学先にメキシコを選びました。しかし、なにやら私の年からシステムが変わってしまったようで、基準となる資格を持ってない人は、語学学校にしばらく行かなければならないと言う決まりを留学が確定してから私の大学の留学担当の職員に言い渡されました。

その後、私はなんとか学部の授業が取れるように先生に推薦状を書いていただいたり、プレイスメントテストで高得点をとったり、色々なことをしましたが、結局学部の授業は取ることができませんでした。私はスペインであれば留学先が要求する資格の条件を満たしていたため、スペインならば学部の授業を取ることができました。だから今でもスペインにすればよかったと思っています。

また、留学先の国がまさかここまで合わない国だとは思っていませんでした。スペインにあまりいい印象がなかったのでメキシコにしたというのもあるのですが、メキシコはスペインんとは比べものにならないほど私にとって最悪な国でした。道を歩いているだけで、一週間に一度は人種差別に合う国なんて今まで六カ国訪れた中で初めてでしたし、外でご飯が食べられない国も初めてでした。

また、現地大学のサポートも最悪でした。チューターをつけることが条件になっているにも関わらずチューターが存在していなかったり、日本の留学のスケジュールを全く考慮せず、右も左もわからず、住所も決まってないのに、授業を始めていました。これもスペインの大学であればチューター等がいたのでよかったと思います。

今年からシステムが変わり、授業を受けられくなったという失敗に関しては、大学のアナウンス不足大きな原因の一つではありますが、私も大学にしっかりと質問し、協定条件がどうなっているのかを出願前によく確認をするべきだったと思います。

メキシコが合わない問題に関しては、インターネット等でネガティブな情報をもっとよく調べればよかったと思います。しかしながら、これに関しては情報があまり乗ってないので、どうしようもなかったかもしれません。

現地大学のサポート問題は、前に留学した先輩などにもっとよく聞いておけばよかったと思います。しかしながら、これは日本とメキシコの大学間の問題もかなり大きく私はどうしようもなかった気がします。

やはり私のような失敗をしないためには、当たり前のことですが、よく調べ確認するよいうのが重要になってくると思います。

 

メキシコつり銭ない問題とその対策

日本に住んでいる時、多分皆さんも同じかと思いますが、何かの会計をする際は、細かいお金を財布から減らすことを考えると思います。また、海外旅行をしている時も、小銭は日本円に両替できないため、やはり同じように細かいお金を減らそうとするでしょう。

一方、メキシコのお店はコンビニエンスストアでさえ、お釣りがない場合が多々あり、高額紙幣(500ペソや200ペソ)があまり使えません。私がいつも行っている洗濯屋に至っては、5ペソのお釣りすら払えない場合があります。なので、メキシコで生活をするためには、常に細かいお金を持っておく必要があります。

しかしながら、メキシコのお店はお釣りをあまり用意してないわけですから、小銭を作るのも楽な作業ではありません。以前、コンビニでそこまで高額紙幣ではない100ペソで5ペソの水を買い小銭を作ろうとした時でさえも、『他の紙幣はないのか?』と言われ、しぶしぶ50ペソを出さざる終えませんでした。ですが、日本と同じように銀行のATMでお金を下ろすとやたらと高額紙幣ばかりが出てきてしまいます。

私がとっている主な対策としては、街の中心街にある大きなスーパーマーケットやコストコ等のお釣りを準備してある大きなお店に買い物に行った際に、必ず高額紙幣を出すようにして小額紙幣や小銭を作るようにしています。また、日本で日本円をメキシコペソに換金すると、全て小額紙幣(100ペソや50ペソ)でくれるので、一時帰国した際に換金して少額紙幣を増やしました。また、20ペソや小銭を確実に作るために一週間に一回コンビニで50ペソを使い、5ペソの水を買っています。

メキシコでは日本の感覚で小銭を減らそうとしていると、お釣りの取り扱いがない店に当たった場合に確実に積んでしまうので、私の対策も参考にしながら、小銭を増やしていくのがおすすめです。帰国した後も、メキシコの癖が抜けず、日本で小銭を増やそうとしてしまわないか心配です(笑)

 

交換留学生が単位を取るためにやった方がいいこと

交換留学生は正規留学生と同じように学部の授業を受けるわけですが、通常の場合、正規留学生ほどの語学力は持ってないと思います。まあ、交換留学生は1年か半年のみの留学で、正規留学生は卒業しなければならないので、当然のことだと思います。そして、交換留学生は他の学部生と同じような試験や課題を受けるのはとても大変なことだと思います。よって今回は、交換留学生が単位を取るためにやった方がいいことをいくつかご紹介したいと思います。

  • 自分が交換留学生で他の学部生のようにはできないと言うことを伝える

これは最初の授業の後に先生に直接言ってみるといいと思います。大半の先生なら理解してくると思います。自分は頑張るつもりではいるけど、交換留学生だから他と同じようにはできないかもしれない、みたいなニュアンスで伝えるといいと思います。

  • 質問のために、オフィスアワーと先生の連絡先を聞く

これも最初の授業の後に先生に聞いた方がいいでしょう。先生の伝え方によっては、宿題のやり方すらわからない場合もあります。そしてその宿題が成績に直結したりするので、絶対にオフィスアワーと連絡先は聞いた方がいいです。その他、授業のこととか、テストのこととかも聞くことができるので、この中で一番大事かもしれません。しかし、オフィスアワーに関しては特に設けていない先生もいるので注意が必要です。

  • 試験に電子辞書または辞書の持ち込みが可能かどうかを聞く

これは試験前等に聞いてみるといいと思います。勿論、最初の授業の時でも構いません。外国人には特別辞書の使用を許してくれる先生が結構います。テストで辞書が使えるのと使えないのでは、ウルトラセブンモロボシ・ダンぐらいの差があります。なぜなら、辞書を使うことによって回答や読解がとても楽になるからです。たまに、辞書を使うことで回答そのものがわかってしまう場合もあるので、本当に辞書があった方がいいです。ぜひ、交渉してみてください。

  • 積極的に発言したり、前に出たりする(平常点がある場合)

先生によっては平常点(宿題の提出具合や授業での発言を点数にすること)を設けている先生がいます。その場合は間違えても、笑われてもいいので積極的に前へ出たり、発言した方がいいです。外国人なのに頑張っていると、答えがどうであれ高評価をもらえる可能性が高いです。テストや課題ができない分、こういうとことで点数をとって行きましょう。平常点がない場合は、別にやらなくてもいいですが、先生に気に入ってもらたら点数が高くなるかもしれないので、できればやってみてください(笑)

 

以上が私が思う単位を取るためにやった方がいいことです。特に、オフィスアワーと辞書に関しては本当に重要なので必ずやった方がいいと思います。今回紹介した点を踏まえて、交換留学先での単位所得に役立てて頂けたら幸いです。