メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

メキシコ、バスの乗り方が難しすぎる

最近は、感情的な記事ばかりだったので、実用的な記事を書こうと思います。

私の住んでいるところは、メキシコシティーとは異なり、かなり田舎です。なので、バス停というものが私の近所にはありません。じゃあどうやってバスに乗るのかというと、電柱の前とかコンビニの前とかひどい時だと道の途中とかがバスの停留所になっているので、自分で見て観察して、どこがバスの停留所なのかをまずは知る必要があります。もちろん、知り合いがいれば知り合いにバス停を聞くのもありです。

私の地元のバスは、そこに突っ立ているだけじゃ止まってくれません。乗りますよーと言うハンドサインをしないといけないんです。人差し指を下に突き出すようなサインです。それをするとバスは泊まってくれます。ですから、遠くからきたバスの前に書いてある、どこ行きかをガン見して、こレダ!と思ったらサインを出して止まってもらうんです。つまり、動体視力が必要です。

やっとバスに乗り込んだらお金を払います。しかし、お金を払おうとしてる間にバスはドアを開けっ放しにしたまま発車することがよくあるので、手すりに捕まっていないと危険です。

最後はバスの中にあるボタンを押しております。しかし、降り場もバス停がなくわからないことが多いので、目的地より少し早めにボタンを押した方がいいでしょう。

また、バス停があるところもありますが、基本的に時刻表がないので、乗る場合は時間に余裕を持っていきましょう!