メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

不安や悩みはメキシコ生活のことから、帰った後のことに

私は病的とも言えるほどに様々なことに不安を感じてしまいます。ここで書いたもので言うならば、追試にならないかとか、事務手続きがうまくいくかとか、ジムのこととかです。一時帰国がうまくいくのかや旅行、テコンドーの試験についても、ものすごく不安がっていた時期がありました。それも、普通の人ならしばらくすれば忘れるのですが、私は忘れることができず、ずっとそのことについて考えています。下手すると二週間以上同じ不安について考えていたりします。そのため、私にはカウンセラーの方の治療が必要なんです。

最近の私は、上に書いたようなメキシコの生活に関する不安をあまり考えなくなってきました。メキシコの生活に対するどんな不安が湧き上がっても、まあどうせ後二ヶ月半で留学終わって日本に帰るし、どうでもいいや!と思えるようになってきたからです。おそらく、私は口では『後、二ヶ月半もある、最後までやりきれるかどうかわからない』と言いながらも、無意識の内にもう留学期間が後残り少ないと感じているのだと思います。だから、メキシコで起きるどんなことも段々割り切れるようになってきているです。前は、道を歩くだけでイライラしていたのが、最近はまったくイライラせずに30分かけて学校まで歩いています。そして、街の変化などを感じることができるほどに、気持ちの余裕を持って登校しています。

しかしながら、それでよし、不安が消えてめでたし、めでたし。と、いかないのが私の不安です。メキシコ生活に関する不安が和らいでくると、私の不安は別のところに向かいます。今回の場合、私の不安は帰国した後のことに向かっていきました。例えば、前期、後期で留学した授業の単位認定はされるのか?や帰国する前の在留カードに関する移民局の手続きがうまく終わらず、私が日本に帰り就職した後、出張などでメキシコに入国しなければならなくなった際に、問題になるのではないか?、また帰国した後、後輩と一緒に受ける授業に馴染めるのだろうか等、帰国した後に関する様々な不安を、毎日、毎日考え、そして悩んでいます。不安を解消しようとして、様々な確認(単位認定に必要な書類があるかどうか等)をしてしまい、それで1時間ぐらい潰してしまいます。辞めたいと思ってもなかなか辞められません。

ですが、とにかく!全ての不安はなった時にしか本当には対処することができないので、不安になってしまった時は、なったらなった時なんとかしようという精神で頑張っていきたいと思います。