メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

頼むから暴れないでくれ自分

悲しみが来る時は、単騎ではやってこない。必ず軍団で押し寄せる 

と言うシェイクスピアの名言にもあるように、うまくいかないこと、悲しいことは一回ではすまなくて、何度もそして何回もいっぺんに押し寄せてきます。最近の私は本当についてません。トイレの電気がつかなくなったり、雨漏りしたり、虫が大量発生したり、家にカビが生えまくったり、大家さんに食事をドタキャンされたりと、しかも忙しい試験期間の中でこんなことが立て続けに起こり精神が崩壊してきています。

前記事に書いた内容では、私は自分の顔を殴る程度で済んでおりましたが、さらに行動がエスカレートしてきました。

今日は試験の日でした。そして、いつも通り冷凍ご飯をチンしていると、袋を開け忘れてしまっていたようで、爆発してしまいました。なんで時間のない時にこんなことが、しかも最近ずっとついてないじゃないかと、まだ日本も夜だったため、両親に相談と言うか、愚痴りました。これがよくありませんでした。

私は、父親と喧嘩し、イライラのボルテージが限界を二段階ぐらい超え、味噌汁用に沸かしていた、熱々に沸騰したお湯をベットが置いてある壁に叩きつけました。おかげで私は足に火傷を負ってしまい、ベットもびしょ濡れになり、その処理に追われ、授業に遅れそうになりました(通常では遅れていたが、偶然バスがきて間に合った)。

現在、床は乾きましたが、服や布団は乾かし中です。私だって本当はこんな事をしたくはないんです。なぜなら、余計な仕事が増えますし、増えたら時間がないのがもっとなくなってしまうからです。それにそんなことをしている自分は好きではありません。でも、やめられないんです。

現在、保険が効くなら、精神科に行く、もしくは留学をやめることを真剣に考え始めています。なぜなら、このままだと取り返しのつかない行動をしてしまいそうだからです。なんとか、感情をコントロールできるようになりたいところです。