メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

メキシコは好き嫌い別れる国だと思う

私はメキシコが嫌いなので、いつも悪口や不満ばかり書いていますが、合う人にとってはとても合う国だと思います。人が約束の時間を守らなかったり、いい加減だったりするのも捉え方によっては、スローライフと言うか、のんびりしているというか、そういうのが好きな人にとっては素敵な文化なんだと思います。また、人が異常に馴れ馴れしいかったり、図々しいのも、人によっては、人懐っこくて、フレンドリーでいい国民性だと思うわけですから、、、

食事だってメキシコ料理が好きな人にとってみれば、メキシコ料理食放題の天国のような国でしょう。物価も安いわけですから好きなだけ食べることができます。厳しい気候もカビとか虫とか気にならない人にとっては全然デメリットではないと思います。

逆に、前記事でも触れたように日本では生きづらかったけど、海外留学した場所ではとても生きやすくそこで永住権をとって暮らしている人も沢山いますから。もちろん、メキシコも例外ではなく、留学を期に、現地就職して働いてる人もいるでしょう。

私が思うにメキシコはとても癖の強い国なんだと思います。私からしてみれば、信じられないほど、暮らしにくい気候、図々しい人々、うるさい人々、滅茶苦茶なインフラ等。これらは全て、私が日本では経験することができなかったものです。これらを面白いなとか、楽しいなと感じられる人にとっては多分メキシコはとても魅力的な国なんだと思います。逆に言えばそれが耐えられない人にとっては地獄のような国です。

前に某掲示板でメキシコ生活スレが立っていましたが、メキシコ肯定派と否定派で激しくぶつかっていました。実は、私の大学の歴代の交換留学生でもメキシコ肯定派と否定派で別れています。料理と一緒で癖が強い物は人によって好みが極端に別れるみたいですね。

また、観光という視点から見るとメキシコはとてもいい国だと思います。丁度いい途上国具合であり(場所によるが、紛争などが起きておらず、一応バス等もあるため)、日本とは全く異なるため、すごく刺激的な旅行になると思うからです。旅行で行くなら、私は本当にメキシコをオススメしたいです。視点と人によってかなり変わる国、それがメキシコだと私は思います。