メキシコ留学記

メキシコの交換留学生が、メキシコ留学に関する情報、悩み、不安、愚痴などを書いています。

上を向いて歩こう

最近ジムにそりが合わないトレーナーがいて、本当に最悪です。彼は、愛想が悪く、仕事に対するプロ意識とかそういったものもありません。フォームとかの教え方も本当に的当です。仕事は雑なくせに、雑談はすごくしてるし、携帯もいじってるし、お前何しに来てんの?って聞きたくなります。真面目な話、日本だったらクビになっているレベルだと思います。

おまけに授業も全くわからず、教室にも馴染めず、他の国から来た留学生達にも先を越されています。帰国の手続きもあまりうまく言っていないですし、本当に何もかもうまく行っていません。9月は定期試験もあり、追試になりたくないのなら、気合を入れてこれから勉強していかなければならないのに、こんな調子です。本当にどうすればいんでしょう?何か色々な事に疲れてしまって、勉強もあまりろくにできていないんです。。。

そんな精神的に参っている中、毎日聞いている曲があります。それが坂本九さんの”上を向いて歩こう”です。ずいぶん昔の歌ですが、改めて聞いてみると本当にいい曲だと思います。この曲を聞いている間は、キシコで何もかもうまくいかなくても、上を向いてとにかく歩いてみよう。毎日を前向きに過ごしてみよう。あと、三ヶ月もすればおそらく帰れるのだから、と思えます。何ていうかポジティブになれるんです。

さらに、この曲歌詞をよく聞いてみると、思い出す春の日、夏の日、秋の日はあるのに、冬の日はないんです。歌詞の中の彼は色々辛い事があったけど、冬の日には幸せになれたのかな?何て思います。僕も留学が終わって日本にいる冬の日には幸せになりたいです。